05' «  123456789101112131415161718192021222324252627282930 » 07'
--'--(--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comment  trackback  top↑
■コメント投稿フォーム


SUBJ 
NAME 
BLOG/HP 
PASS 
SERCLET[秘信の際はチェックBOXをONにしてね] 
OK? 
■エントリーNo.「スポンサーサイト」のトラックバックアドレス
  http://hide06.blog36.fc2.com/tb.php/780-42a91234
12'15(Wed) さかなクンのお手柄

今日12月15日の朝日新聞朝刊の記事から。
「絶滅魚」生きていた!
「環境省のレッドリストで『絶滅』扱いになっている日本固有の魚クニマスが、山梨県西湖で生き残っていたことが、京都大学の中坊徹次教授らのグループの調査で分かった。生息の確認は約70年ぶり。国のレッドリストで絶滅種に指定された魚が再発見されたのは初めて。」
「クニマスはもともと、秋田県の田沢湖にのみ生息する固有種で、成長すると全長30cmほどになる淡水魚。」
「1940年以降、発電などのための導水工事で田沢湖に酸性の水が入り、まもなく死滅。地球上から姿を消したと考えられていた。」
「中坊教授が今年2月、旧知でテレビなどで活躍する東京海洋大学客員准教授のさかなクンに、生き生きとした姿を絵で再現するよう頼んだのがきっかけだった。」
戦時中とは言え、人間の傲慢さで「絶滅」させられたクニマスが生息していたことは、とても意義のある事だと思います。
「ニホンカワウソ」も生息しているといいのですが。本物の「獺祭」を見てみたいものです。
それにしてもさかなクンって、見た目よりもずっとすごい人なんですね。
スポンサーサイト
comment:0  trackback:0  top↑
■コメント投稿フォーム


SUBJ 
NAME 
BLOG/HP 
PASS 
SERCLET[秘信の際はチェックBOXをONにしてね] 
OK? 
■エントリーNo.780「さかなクンのお手柄」のトラックバックアドレス
  http://hide06.blog36.fc2.com/tb.php/780-42a91234
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。